Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

CloudClipとPastebot。どちらを選べばいいのか一度は悩む道だけど。 はてなブックマーク - CloudClipとPastebot。どちらを選べばいいのか一度は悩む道だけど。

iPad iPhone アプリ

 

 

サッカー日本代表・W杯出場おめでとうー!!

こんにちは。昨日の興奮冷めやらぬ

 

二日前、取り憑かれたようにRowlineについて記事を書いていた私ですが、 その時にiPadとiPhone間でちょっとしたテキストのやりとりをしていました。 その時に「そーいえばあれがあったな」と思って試してみたのが『CloudClip』 iCloud経由でテキストのみを10件コピーしてくれるというアプリ。

 

初めて使ったのですがシンプルでとても使いやすかったんです。

 

 

 

なぜこの時、Pastebotを使わなかったか。

 

 

Pastebotは、「同じwi-fi(無線LAN)」間で共有可能。 CloudClipは、「同じiCloud間」で共有可能。

「同じiCloud間」で使うというのはほぼ確定ですよね。(わざと共有させていないという場合は使えないですが)

Wi-Fiの種類も気にせず、自分が持ってるデバイスがiCloudで繋がっていればいい。

 

どっちでも良かったんですが、私がしたかったのはiPhoneとiPadのやり取り。 Macは関係なかった。

でもiPadが未設定だったので、一度MacとiPadで同期しないといけなかった。

 

—なんで関係ないのにMacで同期しなきゃいけないの?—

 

そう思ったのがきっかけでCloudClipの方を選びました。

もしここで私が、PastebotをすでにMacと同期していたら、そんなことは思わなかったかもしれないですね。

iPadが未設定だったことで、このクリップボード共有について考えるきっかけができました。

 

 

 

CloudClipはとてもお手軽

iPhoneとiPad間でクリップボードを往き来できる条件は ・iCloudを使っていることと ・iPhoneとiPadにCloudClipアプリが入ってること これくらい。 ちなみに、iPhone・iPad・必要であればMac版もすべて無料。 これだけで、テキストのコピーをやりとりできます。

 

 

CloudClipの弱点

私が思うCloudClipの弱点は以下。 ズバリ!連続コピーできない! ズバリ!コピー件数10件まで! ズバリ!テキストしかコピーできない!Pastebotは画像のコピーもできる。 CloudClipはテキストのコピーしかできない。 うーん。

必要なときはやっぱりPastebotを使う方が素直なの…? どっちを使うかは悩みどころ。

 

 

まとめてみる

CloudClipのメリット

ズバリ!シンプル機能ですぐに使える! ズバリ!iPhoneとiPad間でのやり取りがiCloudですぐにできる! ズバリ!無料♪ 迷うくらいだったらPastebotの設定一回しちゃえばいいじゃん。て話なんですけど、ね。

でもMacは使わないのに設定のためだけに開く(目的は違うのに)っていうのがなんか納得いかないので、今の所はCloudClipです。

なんだかもっとぴったりくる方法はないものでしょうかねぇ…。 まだまだ悩み中。結論が出なくてごめんなさい。

CloudClip 1.1.1(無料) App

カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Thinkbitz Software Studio – Thinkbitz Software Studio(サイズ: 2.5 MB)
全てのバージョンの評価: (23件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 


Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト 1.4.2(¥350)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Tapbots – Tapbots(サイズ: 6.9 MB)
全てのバージョンの評価: (407件の評価)

 

 

 

 


追記(2013.6.8)CloudClipboardというアプリを見つけた記事を書きました!!クリップボード共有の決定版となりそうです。

クリップボード共有決定版!!CloudClipboardが超オススメな理由。 | sumirexxx


それでは、また読んでくださいね☆

 

SMRX.

Posted from するぷろ for iOS.

<