Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

新しくなったInsta2HTMLをMyEditorとMyScriptsを使って簡単に呼び出してみる はてなブックマーク - 新しくなったInsta2HTMLをMyEditorとMyScriptsを使って簡単に呼び出してみる

iPhone Pictures ブックマークレット

※2013.07.18 追記
この記事でMyScriptsから実行できると書いてありますが、ひとつ手順を踏まなければMyScriptsからの実行はできないことが発覚しました。

詳しくは、こちらの記事でご確認ください。

Bookmarklet2MyScriptsを知っていれば間違いない!MyScriptsで動かないブックマークレットを動かす、魔法みたいなスクリプトを教えてもらった!!! | sumirexxx

わかりづらくて申し訳ありませんが、この記事は自分の戒めとしても残させてください。

Instagramとブックマークレット

三連休だった方もそうじゃなかった方もこんばんは。

今週の東京はいつもより涼しいようでありがたいです*\(^o^)/*

さて、先日の記事でInstagramの写真をブログに埋め込む方法を試してみたところ、本来つまづかなくていいところでつまづいた私。

Instagramの写真がブログに貼れる時が来た!?早速試してみました!! | sumirexxx

このとき、@feelingplaceさんから素敵なツイートが!!!

そして今日、Insta2HTMLにInstagram標準埋め込みコードを取得できるスクリプトが発表されました!!

これは試さないわけにはいきませぬ。
ならぬものはならぬ!(違

MyEditorから登録してみよう

@feelingplaceさんの記事では、Safariから起動する方法が2種類紹介されています。

Instagramをブログに貼りつけるためのHTMLタグを取得するブックマークレット、Insta2HTMLがInstagram標準の埋め込みコードに対応しました。 | Feelingplace

ですが今回は、久しぶりにMyEditorを使ってみたくなりました。

MyEditorとMyScriptsを経由して、通知センターに登録したいと。

その方法をご紹介したいと思います。

Insta2HTMLのスクリプトをMyEditorで開く

途中まではご紹介されているのと同じ手順なのですが、順を追っていきたいと思います。

まずはここからInsta2HTMLを取得します。

リンクをクリック! Insta2HTMLメーカー

タイトルなどは変えなくてOK。
○○メーカーというスクリプトはたくさん作られていますが、基本的には出力方法と書式テンプレートだけ変更すればOKかな、と思っています。(もちろん変えたい場合には変えても良いのですが)

お好みの出力方法を選択します。

DraftpadやTextforceするぷろなど様々な出力先が選べて便利!!

次に書式テンプレートを選択します。
ここは、今回の目玉とも言えるInstagram標準埋め込みコードを選択しましょう。

【Bookmarkletを作成する】をタップすると、下にPC用とiPhone用のスクリプトが作成されます。

コピーしたスクリプトを、MyEditorで開きます。
新規作成画面を開いて、ペーストすると先程のコピーした内容が貼り付けられます。

MyEditorで開くと、こんな感じになっています。?から前の部分はスクリプトではないのでカットしてあげます。
カットする部分⇒http://www.feelingplace.com/?

<

p>さぁこれでもう使える状態になっていますよ!でも焦らず〜もう少し設定があるのです。MyEditorからでも起動はできる(すごい!)のですが、今回はこのスクリプトをMyScriptsに送りたいのです。

一度保存(完了)しておきます。

再度開きなおしたら、左から2番目のよく見る矢印をタップして【アプリで開く…】を選択します。(一度完了しないと、MyScriptsに送ったときに反映されないような気がする…)

エンコーディングを選択してくださいと出ますが、これは一番上のUTF-8で大丈夫でした。

ご自分のiPhoneに入っていて連携できるアプリが並んでいると思います。
MyScriptsをタップします。(ない方は購入しないと入っていません)

【テキストを処理します】という表示が出るので、【新規スクリプトを追加】を選択します。

名前を置き換えた方がいいかも?

これで保存すれば、完了です!

実際の動き!

テストしておきましょう。
Instagramアプリを起動して管理画面から、自分の好きな写真を一枚タップして選びます。

【…】となっている部分をタップして、【シェアURLをコピー】を選択。

無視するとかでますが、無視するでOKです。なんか言葉が変ですけどね…

MyScriptsを開いて、先ほど登録したInsta2HTMLをタップします。

ポップアップが出てきましたか?!
もし無事に出てきたらそのまま進んでOKです。

ダメだった方は、?より前を消しているか?(余計なところまで消していないか)
iPhone用というリンクをコピーしているか?もう一度確認してみてください。

※ここでさらにMyShortcuts+Viewerに登録して通知センターに常駐させることもできます。方法はまた別に書きます〜。

Insta2HTMLを長押しして、スクリプト実行をタップ。MyShortcutsを選択して、NOWを選んでMyShortcuts+Viewerに登録すると、次からは通知センターをタップして同じ動作ができます)

Input Instagram URLに、コピーした内容をペーストします。

OKを押すとコードがポップアップ表示されます。

生成されたコードを全選択してコピーします。

これをブログに貼り付ければOK!
いつも思うけどブックマークレットを知ってるか知らないかで、まったく違う世界だなぁ…。かかる時間もぜんぜんちがうし…。

できあがり例

@feelingplaceさん、お早い対応ありがとうございました☆

紹介したアプリ

MyScripts LE 2.5(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

アプリをダウンロードする
MyShortcuts+Viewer 1.6(¥100)
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

それでは、また読んでくださいね☆

SMRX.

Posted from するぷろ for iOS.

<