Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

韓国ブックソリ2013に参加したら一番好きな詩人「谷川俊太郎」さんに会えました

旅行

今回の旅はお料理も美味しかった!!

帰国して1.5キロ増してしまった!!

前回は可愛いもの特集したので、今日はヘルシーな韓国料理をご紹介。

1日目機内食

富士山を見ながらのごはん!機内食らしい味でした(?)

うなぎとホタテのごはん。コールスロー、パン。

1日目の夕食は会合だったのでとれませんでした。

2日目朝食

ホテルの朝食。
撮ってなーい。とったと思ったんだけどなぁ。

2日目昼食

パッサンマルという韓食屋さんへ。

たくさんの副菜?お通し?おかず?

お代わり自由だしおいしい!

ビビンパ。石焼しか食べたことなかったのでびっくり!ボウルのような容器で野菜たっぷり!辛くないコチュジャンとごま油をかけていただきます。

ごはんは別盛りなの!

キムチは必ず。

3日目の朝。

こんなところでした。お店のマップ探してるけど出てこないよー(*´・ω・)

二日酔いの方もいたのでもやしクッパ。さっぱり感覚で食べれる。しかし量が多いー!

キムチとセットで出てくるカクテキ。

3日目の夕食。

ゴマのお通し。韓国では飲む前にこれを飲むそうです。味は練りゴマそのまま。
胃に膜を張ってくれる感じのあれです。

3日目夜ごはんは取り忘れてお通しのみ。4回お代わりした緑のやつ、なんだったんだろうー…。

最終日の朝食。

ソルロンタン。朝からこんなに?って思うけど、優しい味とスープで食べれちゃう。

牛のだしがたっぷーり出ています。臭みは0!ネギとごはんであったまる〜。

自分好みに調節しながらお塩をいれます。

韓国シメは、このお店!

オープンカフェな雰囲気で、オフィス街を見下ろしながらの遅い昼食をとりました。

コーラがキラキラ…

最後にまさかのメキシカン料理。なぜだ。もっとあっただろうに。

解説すると、この時は免税店のあとで極限に疲れていたのです。足がぼー。

こんな感じでとってもヘルシー。

なぜ韓国の女の子たちが肌が綺麗でからだがしなやかなのか、わかったような気がしました。

きっと、物心つく前から野菜たっぷり、コラーゲンたっぷりの食事をバランス良くとれる文化だからなのでしょう。

立った3日の間に日本食が恋しくなったけど、帰国後は白米を気持ち少なめにして、よくかんで食べるように気をつけるようになりました。

次回行った時には、絶対タッカンマリたべるんだー!鳥肉丸ごと入ったスープ!!!

それでは、また読んでくださいねっ☆

SMRX

Posted from するぷろ for iOS.

10月最初のブログです。9月29日〜10月2日まで韓国に行ってきました。

初海外、初視察ってことで行く前にはパスポート切れてたり(行かないけど作ってたw)準備でばたばたしてましたがなんとか行って帰って来れたので良かったー。

帰国後も仕事やらなんやらに追われていたのですが、やっとブログ書く時間が取れました。ふぅ。

初めての海外が仕事って、いいのかな…。と思ったのですが、それは考え方次第。

誰と・いつ・どこへ行っても、「自分」が行くことには変わりない!と思い(本当は、未来の旦那さんとの初めてのためにとっておきたかった乙女心もありつつ)行かせていただきました。

韓国到着。出版都市パジュへ

出版社200社あまりが立ち並ぶ出版都市パジュ。 すべてデザイナーによる建築で、そのひとつひとつがとても芸術的。

泊まったホテル。本を読んだり、自分と対話してほしいという館長の意向でテレビがないのです。

ブックソリ2013

9月27日〜9月30日までブックソリというイベントが行われていたのですが、今回はそれに参加させていただきました。

出版社が集まって商談が行われたり、書籍に関する知識、歴史を学べる絶好の機会でもあります。

地図を集めた展覧会もありました。これが超素敵だった!!!

パジュ ブックソリ2013 / PAJU BOOKSORI 2013|韓国語圏の知を日本語圏でも共有できる出版事業を展開いたします。株式会社クオン

色が素敵。

IMG 0948

これは不思議の国のアリスかな??

IMG 0943

活版印刷工場でのオブジェ!流れ出ているのはハングル文字!

IMG 0939

谷川俊太郎さんにお会いできた!!!!!!

そして、初海外1日目にして神様からのビッグサプライズ。

なんと、かの有名な谷川俊太郎さんにお会いすることができました!!

一緒に同行させていただいた方が谷川俊太郎さんと長年のお知り合いで、まわりの方のご協力もあり、目の前に谷川俊太郎さん。なんだこの展開・・・。もしかして生きて帰れないんじゃないか…。とおもいました。

私の人生の中で、ほんとうにいちばん大好きな詩「肩」をご本人を目の前にして暗唱しました。 中学生のときから、もう何百回と読み返したあたたかくてせつない詩です。

読んでいる間に、どんどん「これは現実なんだ、ずっと私が大好きだった詩を書いた人の目の前で、いまその詩を暗唱しているんだ」と思いがあふれて、言い終えたときには、文字通り号泣していました。

あのときの気持ちを、私の知っているどんな言葉でも説明することはできません。

本当に行ってよかった!!

今までなんか怖くて行けなかった海外。でも今回の初海外で、そんな気持ちはなくなりました。というよりも、それよりもっといろんなものを見たい!という気持ちが強くなったっていう方が近いかな。

とにかくほんとに行ってよかった!

次は、どこに行こうかなー☆

この記事をシェアする

<