Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

気になる記事をタイトル付きで簡単ツイート!『TweetLink! 2.1』をiWorkspaceに登録してさらに快適に!!

アプリ

いままでいろいろと写真アプリを使ってきましたが、結局気が付くと純正アプリを使っています。すみれです。

写真閲覧アプリってなかなか「これだ!」と思うものに出会えなかったんです…。

それが今日リリースされたこのアプリで「これならいけるかも?」と思えたのでご紹介します。

管理ニガテでもだいじょうぶ!

本日リリースされた写真管理アプリ『Fotojam』。ネーミングかわいいです。

ジャムってネーミングがぴったり。淡くてやわらかいびみょうな色がかわいいねー。

思い出みつかる全自動整理アルバム – Fotojam 1.3(¥300)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

このアプリは、以前リリースされていた「スマートカメラ」(現在は公開終了)がさらにパワーアップした進化版ともいえるアプリ。

開発者のりばわんさん(@rivawan)が、さらに使いやすくした形で登場させてくださったものこそ、今回の『Fotojam』なのです。

思い出の写真を見つけやすくする写真アプリ「Fotojam – 思い出発掘!全自動グルーピングアルバム」をリリースしました | Rivawan

パッと目に飛び込んでくる衝撃をぜひ体感して!

普段純正のアプリを使っている私からするとかなり新鮮でした。
アプリが開かれたファーストインプレッションは「わ!キレイ!」ついで「見やすーい☆」でした。ほんとほんと!

サムネイル表示

まずひとつひとつの写真が大きく表示されるのがうれしいです。

かといってInstagramのように一枚ずつではなく、左右で少し段差を付けてくれているので変化があり複数枚が一度に見れます。なんだか自分の写真じゃないみたいなこの感覚はなんなの!?

この見え方は新しくてかなり気持ちいいです。

カメラロールの写真を自動振り分けしてくれる

これは旧アプリ(となってしまった)スマートアルバムにもあった機能ですね。

カメラロールの写真を、自動的に振り分けてくれます。

デフォルトでは

  • すべて
  • ビデオ
  • フォト
  • イメージ
  • スクリーンショット
  • 壁紙
  • その他

と分かれています。

メニュー

共有方法は純正アプリみたい!

写真を選択して左下のボタンをタップすると、加工アプリやSNSなどが用意されています。この見え方は純正写真アプリと同じなので、なんだか親近感もあり☆

日付で選択できるのもいいね。

写真を見ながら探すのもいいですが、もし大切な日があったらそれで検索をかけたほうが早かったりしますよね。1年前、2年前と比べてみてもおもしろいかも。

日付選択

コメントも入れられるのってちょっと画期的

今までのアプリにもあったかもしれませんが、私はFotojamではじめましての機能です。
1枚でも複数でもコメントを入れられるので、あとで見返しても楽しいです。

選択

メニュー

コメント

完了

アルバム作るのが楽しい

私が写真撮るときはだいたいiPhoneでの撮影が多いです。旅行やちょっと遠くにお出かけしたときは、Canonのコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を使うこともあります。

そのあたりも判別してくれるのか?実際にやってみましょう。

その他を選択して

その他

新しいアルバム

アルバムの内容を決めます。

種類がたくさんあります〜。

アルバム作成画面

私はとりあえずInstagramのアルバムを作ってみようと思います。

一番下の、ソフトウェア/アプリケーションを選択!

ソフトウェア

リスト選択

アルバム名

アルバム名も自動でついた!

ではでは、同じ要領でコンデジで撮ったEye-Fiのアルバムも作って見ます。
Eye-Fi

このEye-fiというのは、コンデジ・ミラーレス一眼・一眼レフなどさまざまなデジタルカメラに対応するSDカードです。

普通のSDカードは、転送するのにSDカードを直接入れ込みますが、Eye-fiであればWi-Fi環境であれば自動的にデータを飛ばしてくれます。

直接つながなくても、コンデジで撮った写真を自動的にiPhoneに送り、すぐに撮った写真をSNSにアップできたり、モブログに写真を使うことができて便利です。

しかもこの機能のすごいところは。なんとバックグラウンドで『Fotojam』を起動させておくと、自動的に今作ったアルバムに割り振ってくれるのです。

これって、ものすごくランボウにいえば、同期しなくていいってこと…?じゃない?言いすぎた?

まとめ

12月5日~12月25日までは、通常300円が→ワンコイン100円です!
すでに次期アップデートも予告済み。次は「年単位」での検索や、サムネイル表示のレイアウトを変えられる…!?
楽しみすぎるー!

スマートアルバムを超える便利さで、より一層のカメラライフが送れることまちがいなしだと思います。
りばわんさん(@rivawan)から、ちょっと早いクリスマスプレゼントですね。
ありがたーくつかわせていただきます☆

ブロガーさん御用達アプリになるか!?きっとなるね。

思い出みつかる全自動整理アルバム – Fotojam 1.3(¥300)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

TweetLink!

最近おなかが減ってしかたなくて、夜食べちゃうから朝はおなかいっぱいな太りますね。

Twitterにシェアしたい記事がある時、みなさんはどうやっていますか?

今はどんなアプリにもほぼシェア機能が備わっていますから、そんなに困ることはないかもしれないですね。

じゃあ、自分が書いた渾身の記事(?)をシェアする時は??

「いちいち題名とURLをコピーするのは手間なんだよなー」と思っている方。
その作業をショートカットしてくれるのが『TweetLink』なのです。

TweetLink! 2.1(無料)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

TweetLinkのいいところ

シェアしたいURLをコピーすると、タイトルもURLも自動的に出力してくれるのが、TweetLinkのいいところです。
自分のブログだけでなく、ほかの記事を紹介したいときにも使えます。

たったの3ステップ

  1. ブログのURLをコピーします。
  2. TweetLinkを立ち上げます。
  3. 自動的にタイトルとURLを出力してくれます。

えっ!これだけ?と思いませんか。これだけで今までのちまちました作業から一気に解放されます。
(ちまちました作業もすきですがw)
こういうピンポイントなアプリって欲しい時に見つけると、本当にたかまるぅー!(SPEC見なきゃ)

ほかにもヘッダーやフッターを自分好みに変えられる機能もあります。

こんなイメージで使いたい

iWorkspaceにモブログ環境をほぼ入れているので(画像のエフェクトはその時によって違うから別にしています)TweetLinkもここに入れようと考えました。

前回iWorkspaceの画面をご紹介しました。すでに自分のブログも用意してあります。
いつもはここから記事のURLをコピーして、わざわざ画面に戻ってTweetLinkを起動していました。

前回のiWorkspace画面です。

前回のiWorkspace画面

前回の記事が気になる方はこちら!

これでiWorkspaceにTweetLinkを置けば、きっと素敵になるわぁ〜♪という妄想をして電車の中でにやにやしていたのです。

タイトルが入らない?!

ところが、iWorkspaceにTweetLinkのURLスキームをセットして試してみてもどうもうまくいきません。

タイトルが入らないのです。
URLスキームはだいたい「アプリ名://」で動くと思っていたので今回も「tweetlink://」として登録していました。

何度か試してもだめ。タイトル+URLを取得するのには、もしかしたらなにか特別なコードが必要なのかな??と思って調べてみると、驚くほどかんたんに解決してしまいました。
こんなちょっとの違いですが大きな差が出ます!

<

div id=point>

修正前後

どうやらうしろ2つの「//」を入れてしまうとタイトルが入らないようです。
こちらの記事を参考にさせていただきました。

リンクツィート専用のTweetLinkが便利過ぎるぞ! – 1to3mac

ここにもUnit Kayさん(@unitkay )がいらっしゃいました…すごいー!

最終的にはこうなります。

iWorkspaceからブログを開きます。(自分のブログのURLとアイコンをセット済み)
ブログを開く

シェアしたい記事のリンクを長押ししてURLをコピーします。
コピー

ブログを開く時にiWorkspaceが起動しているので、コピー内容がバナーで通知されます。これをタップ。
バナータップ

クリップボードにコピーされるので、このままOKをタップ。
クリップボード

今回用意したTweetLink!をたちあげます。
TweetLink

タイトル+URLでツイートが作成されます。あとはツイートするだけ!

まとめ

そんなに使わないかな〜とおもっていたアプリですが、今ではなくてはならない存在。
(たぶん)(かなり)おっちょこちょいな方なので、今まではコピペをまちがえてしまうこともしばしばでした。
でもTweetLink!を使ってからはそういうこともなくなりました!!

URLスキームを使う時には(私のように)ちょっとしたことが原因の場合もあるので、ご注意下さいね☆

それでは、また読んでくださいねっ☆

SMRX

Posted from するぷろ for iOS.

この記事をシェアする

<