Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【日刊すみれぽ vol.2】このゴロが、いいねと君が言ったから、225はすみれぽ記念日。

日刊すみれぽ

すみれぽはじめるまでの裏話。

ほかのタイトル候補もあったよ

じつはこの【日刊すみれぽ】に決まる前、ほかにも候補がありました。

etc…

最初のほうはなんかかっこつけてるし、真ん中はビールだし、さいごから2番目は江國香織さんの本だし、いちばんさいごのは銀色夏生さんの本です。

脳内お花畑がばれそうですね。

語感がいいものをいろいろ考えたのですが、けっきょくそのほとんどが人の考えたものだからだめだよねーと思ってやめました。

「すみれぽ」は、そんな中で3ヶ月考えて決めたものなので、「ゴロがいいね」って言われたときは、てへー!ってなりました。

ノートの中身みたいな

小さい頃から書くことが大好きで、読むことが大好きで…。

だから常に、書いてることが自然。

字を書く行為も好きだから、ずっとキーボードでことばをつなげてると、たまに「そろそろペンで書きたいな」って手がそわそわしてきます。

実際毎日、モレスキンの白いノートにいろいろと書いてるのですが、そんな感覚で書きたいのがこのすみれぽです。

【SMRX】と【すみれぽ】の違い

日刊じゃない今までの記事は「やってみたこと」とか「便利だった」という”本当に体験したこと”をわかりやすく伝えたい!と思って書いています。

読んだ人が、そのあとどうしたらいいかと考えた時に、とりあえずこれだ!と、あたまのなかにキーワードが残るような文章が書きたい。

すみれぽはべつに答えとかありません。
オチもないです。
誰かの役に立ちたい、ともちがう。

でも、ちょっと共感してもらえることを、やっぱり心のどこかで望んでいるかも。そうじゃなきゃわざわざブログとか日刊とか書かないよね。

人間のこの欲は、どこから湧いてくるのでしょうね。

ただ書きたいなら日記でいいじゃん、という言葉を今まで何度も見たり聞いたりしてきました。

でも日記はひとりだからね。

それもいいけどそこがちがうよね。

この記事をシェアする

<