Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【日刊すみれぽ vol. 3】色

日刊すみれぽ

人を見て、この人を色に例えたら何色かな?
あの感情を色に例えたら、何色かな?

いつもそんなこと考えてます。

たとえば音楽にも色を感じることがあります。

爽やかな水色、ゴールド、透明、オレンジ…曲のメロディーや歌手の声によって音楽と色がリンクする瞬間がすごく好きです。

作られた色も好きだけど、やっぱり自然の色には叶わない。

夕焼けひとつとっても、橙色やピンク、黄色っぽい日もある。

そこからうすーい青が出てきて、だんだんと黒になっていく。

毎日仕事してると、そういう一日の移り変わりをじーっと見てることができないから、休みの日はその分見てます。

去年始めて韓国に行って、私の好きな詩人の谷川俊太郎さんにお会いできたのですが、その谷川俊太郎さんが色の詩を書いています。

その中でも印象的だったのが、青。

いちばん好きな色が青だから覚えてるのかな?

そこには「海の青は手ですくえば透明になる。空の青も、近づくほどに透明になる。手に届かない青に憧れる。」

というような一節ありました。

色について考える時、私はいつも幸せな気持ちになります。

それでは、また読んでくださいねっ☆

SMRX

Posted from するぷろ for iOS.

<