Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【日刊すみれぽ vol. 8】あのあと。 はてなブックマーク - 【日刊すみれぽ vol. 8】あのあと。

日刊すみれぽ

桜の花と花びら(1280x800)

3年前

私は地震が起こった時会社の13階にいた。

もともとあまり高いところに住みたいとか思う人間じゃなかったから、地震のあとがとてもつらかった。みんなあったことだと思うけど、揺れてるような気がしたり、めまいがしたり、息苦しさを感じたりしてしまった。

しばらくごはんもあまり食べれなくて、窓や雨戸を締め切っていると、動悸がした。そんな状態のまま、限界がきて地震のあと1年で仕事を辞めた。

なんで1年やったか。「地震が怖いからやめます」って言えなかったから。

もっと怖い思いした人がいる、一緒に会社にいた人たちは同じくらいの揺れを体験した、もしかしたら被災者の家族も、言わないだけで一緒に働いているかもしれない。そんなことを考えたら、自分だけが「地震怖いからやめます」は日本人としてダメだろうとか思った。

みんな大丈夫じゃなかったと思う。だけどみんなががんばっている姿をみて、なんでがんばれるの?ってずっと思っていた。教えて欲しかった。

家族がいるからとかやりたいことをやってるからとか、お金を稼ぐとか経済を滞らせないためとか…。わからないけど、どういう理由で毎日会社に来ていたのかな…。

がんばりすぎ?甘えてる?

その時に得たことは、自分がそれでも続けられると思う仕事じゃなかったのね、ってことと、やっぱ無理しすぎはいろいろ良くないってこと。いろいろってゆうのは健康面だったり精神面だけど、その土台が揺らぐと日々の生活すらキツくなる。

許すのは自分だから、もし同じような人がいたら、そういう自分を許すっていう選択肢もあることを伝えたい。

ガムシャラにがんばるだけが、前を向くことなのか?

いちど静かに立ち止まって、また静か歩きはじめてもいいんじゃないのか?

急に走ったり急に止まったりするのが体に良く無いのと同じで、こころにも良く無いと思うから。

私は、今度は自分が無理しないでいられる、範囲でやってみようという考えに変わった。だけど無理しないようにしようっていうのは挑戦しないことじゃない。むしろ前よりいろいろなことをできるようになった。「がんばらなきゃ」という気持ちを少なくしたら、「ちょっとやってみよう」という気持ちがその分増えたのかもしれない。

現在

いま働いてるところは3階建て。みんなとの会話もある。

心ある環境の中で、時にはイライラしたり笑ったりしながら、人間らしい生活をしてるなぁと思う。そしてそれは本当にありがたいこと。

この気持ちを忘れないように、共感した記事を載せておきます。

あの日から3年。Happyの連鎖が広がりますように! | Happino

お笑い – Yahoo!ニュース

当事者の方々のきもちは、計り知れないけど。

それでは、また読んでくださいねっ☆

SMRX

Posted from するぷろ for iOS.

<