Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【SMRX】Mac × iPad mini × iPhone でOmnifocusを使いこなす私なりのコツ。 はてなブックマーク - 【SMRX】Mac × iPad mini × iPhone でOmnifocusを使いこなす私なりのコツ。

Omnifocus タスク管理

Omnifocusを使ってのタスク×プロジェクト管理には、何度も挫折してきた私。

でも今回は違います!!

この方法を使って1ヶ月。いわゆるGTDの基本の本「ストレスフリーの整理術」を付箋貼りながら何度も読み直したり、Omnifocusの使い方を基礎から見直したりして、曖昧だった部分をひとつひとつ潰していきました。

そして、やっとのことでOmnifocusのiPhone版、iPad mini版、Mac版、それぞれのメリットがはっきりとわかるようになってきました!!

そこで今日は、私が実際に使ってみて感じた、それぞれの環境でOmnifocusを使う際のメリットをご紹介していきます。

Omnifocus×iPhone

いつでもどこでも「思いついたことを収集する」ことがもっとも得意なのが、Omnifocus×iPhoneの組み合わせ。

収集に関する難しさは一切なく、わかりやすい画面からすぐに「あたまに浮かんだこと」を追加することができます。

<

p>iPhone×Omnifocus

<

p>Inbox

Omnifocus×iPhoneを使う時のポイントは、細かいことは気にせずとにかく「思いついたことを入力してしまう」こと!

ちなみにプロジェクトリストの中身はこんな感じになっています。

<

p>プロジェクト

このプロジェクトの中に、今までInboxに入れたものが振り分けられています。

もちろん、iPhoneだけで「Inbox→処理→整理→レビュー→実行」…と、完了するまで進めることもできます。

ただiPhoneだけで管理しようとすると、おそらく「使いやすい」とか「全体が見える!」とは思えないかもしれません。。たぶんこのあとを読めばおわかりいただけるかと。

とにかくこの組み合わせで一番得意なのは「収集する」ことだと思います。

Omnifocus×iPhoneは「収集」が得意!
OmniFocus 2 for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

※ちなみに私は旧バージョンのOmnifocusを使っていますが、2014年3月12日現在App Storeにあるのは新しいバージョンとなっています。

Omnifocus×iPad mini(もしくはiPad,iPad Air)

この組み合わせがもっとも得意とするのは、意外にも「全体を見渡せること」と「実行後のチェック」だと思います。

Omnifocus×iPad mini×よこおき

横置きにするとメニュー(というのかな?)とアクションを分割して閲覧することができます。

<

p>iPad mini×Omnifocus よこおき

Omnifocus×iPad mini×たておき

縦置きにすると、アクション(実行できる状態のもの)の一覧がずらっと並んだ状態になります。

<

p>iPad×Omnifocus たておき

私は主に会社でiPad miniを使っています。
iPad Airは残念ながら持っていなくて、iPadはありますが重くて持ち歩けないことが理由です。

単にiPad miniが大好きだからという部分もありつつ。

そして、このiPad miniに以前購入したロジクールのウルトラスリムキーボードをセットしてから、机の空いたスペースにおきます。

<

p>iPad mini×Omnifocus×ロジクール

会社のPCはWindowsなのでOmnifocusは使えませんが、こうすればOmnifocus絶えずチェックすることが可能です。

iPad miniのサイズくらいが、会社では主張もなくてありがたかったりします。

私にとって一番の問題は「会社でリアルタイムに確認できるかどうか」だったのですが、iPad miniを机に置いて作業するようになって格段に作業がしやすくなりました。

仕事も回るようになりました。
環境って大事なんですよね…。

Omnifocus×iPad miniは、キーボードを使っての入力、全体を見渡すことが得意!
OmniFocus for iPad
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

Omnifocus×Mac

この組み合わせは本来王道なのでしょうか?
実は、一番最後に購入したのはMac版Omnifocusでした。

その理由は、「フォルダを作りたくなった」「パースペクティブを使いたい」でした。

まだ今程使えなかった頃に購入したので、その時はこの2つの便利さがわかっていませんでしたが、iPhone、iPad mini、と使って行く中でMac版にしかできないものも見えてきたのです。

階層の一番上をフォルダにしたい

もしかしたらできるのかもしれませんが、iPhoneやiPad mini版ではどうしてもライブラリの直下にフォルダを作ることができず(プロジェクトの中には作れる)、とても不便に感じるようになってきました。

skitch-2

Macであれば、ライブラリ直下にフォルダを作り、その中にリストをいれていくことができます。

skitch

Omnifocus×Macは、ライブラリ直下にフォルダを作れる、パースペクティブを使うことが得意!
OmniFocus
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

まとめ

Omnifocusは何度も挑戦して挫折していたのですが、その理由がやっとわかりました。

「本気で」これだけを使って管理しようと思っていなかった。

他にも気になるアプリがあったり、メモしたり、仕事の方はWindowsで使えるアプリにしとこうかな〜と思ったり…。

はっきり言って、当時の自分は生ぬるい

iPhone、iPad、Macそれぞれの環境によって、Omnifocusの得意なポイントは変わります。

それがわかってから、一気にOmnifocusとの距離が縮まった気がしています。

私も本当に使いこなすのはこれからですが、まずはそれぞれに「こんなメリットがある」ということをお伝えできればいいなと思います。

今日紹介したアプリ

OmniFocus 2 for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする
OmniFocus for iPad
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする
OmniFocus
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

それでは、また読んでくださいねっ☆

SMRX

Posted from するぷろ for iOS.

<