Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【SMRX】OmniFocusでレビューするときに自分に問いかけていること はてなブックマーク - 【SMRX】OmniFocusでレビューするときに自分に問いかけていること

Omnifocus タスク管理

ひとつのかたまり(作業)を小さく分けていくのが好きです。

どんなにむずかしいことも、小さな単位にすると「あ、できる」っていう瞬間があります。

それが楽しい。

「あんなにむずかしくてめんどくさそうだと思ってたことができた!」という喜び。

OmniFocusは、もはや良きパートナーとなりつつあります。

OmniFocus約2カ月の現状

3月にご紹介してから、毎日使っています。

【SMRX】Mac × iPad mini × iPhone でOmnifocusを使いわける私なりのコツ。 | Sumirexxx

特にお気に入りなのは、相変わらずiPad miniからの追加や移動です。

MacのUIよりも、iPad miniから見た時の画面のほうが好きです。

iPad miniにいろいろつまってる感が好き。

OmniFocus for iPad
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

何より、自分の頭の中の考えをまるごと預けられるのが気持ちよくて安心で楽しい!

2カ月経つと、日次・週次・月次の繰り返し項目にも慣れてきます。
プロジェクト管理したり、処理、整理したりして楽しく管理できています!

GTDを初めて本当によかったなぁ。・・・でもこれでほんとに大丈夫かな?
そう思うことも出てきます。

そこでポイントとなってくるのが、レビューです。

ちなみに私はレビューが超ニガテです。

慣れてきてからこそレビューが大事

GTDでタスク管理を始めたことで、良いループに入り始めた私が過去の失敗から学んだこと。

それは「レビューを怠るとヤバくなる!」ということでした。

慣れてくると、繰り返しの作業(特に日次・週次が個人的にアブナイ)がだんだんおろそかになってきます。

OmniFocusで繰り返し項目を設定すると、あたりまえですが毎日「同じ時間・同じ文章・同じアラート」でお知らせしてくれます。それに飽きちゃう。

最初はそれで「よしよし、ちゃんと設定もできてるしタスクもこなしてる感があっていい感じ~!」と思うのですが、だんだんと「なんかまた鳴ってる~(うるさい)」「わかってるわかってる(しつこい)」となってきます。(私だけじゃないと思いたい。)

せっかく設定したのに、この気持ちが出てきたら注意が必要です。

そのタスクは崩壊しかけているといってもいいかもしれません。

大げさなようだけど、本当にそう思うから…。

レビューするときのポイント

私はいつもレビューするときに自分に問いかけることが2つあります。

  • これで本当にOKか?と問いかける。
  • これ以上細分化できないか?と問いかける。

この2つの問いかけで、シンプルで取りこぼしなくレビューできるようになりました。
ただやることを眺めているだけだと、頭が動いてないこともあります。(ただ見て満足してるだけ)

特に、この2つ目の「これ以上細分化できないか?」と考えることで一つ一つの行動が細かくなり、実行しやすくなるのでお気に入りです。

1アクション(実行そのもの)で「○○する」と、動詞で終わるのが理想だし、目標です。

「ほんとにこれでいいのかな?」とレビューするのが大切だと思います。

余談

レビューを意気込んでやるのではなく、習慣化したいなーと思っている今日この頃。
「慣れ」と「習慣」について少し調べてみました。

  • 慣れ
  • 「同じ刺激を繰り返し与えると,それに対する反応がしだいに弱くなりやがて消失すること。 」
  • 習慣
  • 「 長い間繰り返し行ううちに、そうするのがきまりのようになったこと。」

辞典・百科事典の検索サービス – Weblio辞書 570の専門辞書や国語辞典百科事典から一度に検索!

だそうです。

ふーん。そうなんだぁ。真剣に考えたことなかったな。

私はこの違いを読んだとき、「慣れは消極的」・「習慣は積極的」なイメージを受けました。
受け身か自分で主体的に考えているかの違いなのかな…。

レビューを習慣にするには

習慣化にはいくつかポイントがあるようですが、私はこの本を読んで習慣化を学び中です。
まだ読み始めたばかりなので気づきはない!

まとめ

ちょっと余談が長くなりましたが、今日お伝えしたかったのは「GTDするならレビュー大事だよ!」ってことです。

そしてこの本を読んで勉強中。何回紹介してるんだろ。私のバイブル!

<