Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【SMRX】OmniFocusで収集するときに気を付けていること はてなブックマーク - 【SMRX】OmniFocusで収集するときに気を付けていること

Omnifocus タスク管理

タスク管理するのが楽しくてなんでもかんでもOmniFocusでタスクにしています。

前回は「レビュー」について私が気を付けているポイントを書きました。

【SMRX】OmniFocusでレビューするときに自分に問いかけていること | Sumirexxx

レビューするときには、ただ眺めるのではなくて「これ以上分けられないか?」を考えながら見ています。というお話でした。

収集で気をつけてること

GTDはまず「収集」からはじまります。

「収集」とは、頭の中にあるもやもやした考えをすべて外に出すこと。
OmniFocusの「inbox」にどんどん書き込んでいく作業です。

私は、iPad miniかiPhoneから追加することが多いです。
会社にもiPad miniを持って行き、席についているときはiPad mini、移動中はiPhoneで「収集」するという使い分けにしています。

【SMRX】Mac × iPad mini × iPhone でOmnifocusを使いわける私なりのコツ。 | Sumirexxx

収集の際には、いつも「細かいことは気にしない・1か所に集める」ことを意識しています。つまりOmniFocusにぜんぶ書くということ。メモがあったら書き写す。
その手間は惜しみません。

収集の時点でわかりやすく書こうとか、書き方を統一するとかもしていません。たぶんそれを気にしだすと、めんどくさくなってやめちゃう。

収集しているときに、期限や開始日がわかっているときは、それだけは同時に入れるようにしています。(あとで整理できるので日付以外はなにもしません。)
どちらにせよ、おもいついたらそのときに追加できることが大事。

あ、これおすすめのえほんです。

5歳の時から色褪せない!今でも読んでます。これも私のバイブル!

  • 細かいことは気にしない
  • 1か所に集める
  • 日付がわかるものはその場で入れる

常に同期できる環境を整える

iPhone、iPad mini、Mac book Air3つとも使っているので、常に同期されるようOmniFocusサーバーを使っています。

ユーザー名とパスワードを設定するだけで、無料ですぐに使えるのでおすすめです。

競合したり、上書きされちゃったりしないのかな?と最初は疑問もありましたが、そのあたりはうまくやってくれているようで、あったはずのものがない!とかもう消したはずのタスクが残ってる!ということは一度もありません。

難しい設定もないですし、OmniFocusサーバーはとても使いやすいと思います。

Wi-Fi設定について

これは私の場合ですが、iPad miniだけWi-Fi版を買ったのでWi-Fiにつながないと同期できません。そのためテザリングサービスを利用して、いちいちモバイルルーターをON・OFFしなくても済むようにしました。

Softbankではテザリングサービス500円/月(2年間)で利用することができます。私は月額無料特典を利用して、2年間無料で使っています。※組み合わせるサービスによって異なります。(2014年4月2日現在はまだ特典があるようです)

  • OmniFocusサーバーは無料
  • 常に同期できる環境を整えてどの場面でも快適に使う

でもOmniFocusサーバーが落ちた時はこわいですね。
落ちない保証はないので自己責任でおねがいします…。

PocketやSlyfeedからOmniFocusへ記事を流すこともある

OmniFocusは、ほかのアプリとも連携できます。
実は間口が広いんですね。なんか意外。
PocketやSylfeedで気になった記事はOmniFocusに送って読むこともできるのです。

連携技はみうちゃんの記事がおすすめです。

[M]あとで読む記事をSylfeedやPocketからOmnifocusに送ると消化が捗るようになった! | miMemo(ミメモ)

こういった連携技は仕組みができてしまえばあとは自動だから楽でいいですね。

ただ、「OmniFocusはわかりづらい」と感じている方も多いと思うので、初めからいろいろ取り入れたりすぎると破たんの原因になると思います。

まずは基本を押さえてから、連携技を取り入れていくのがおすすめかなーと思います。

やってみたいことはOmnifocusへ

読み物の中には試してみたくなるような記事もたくさんありますよね。
ゆでたまごの作り方とか、おいしいサラダとか、パスタとか習慣化とか、スイーツ、ブログ関連、タスク管理の方法、文房具、etc…。

そういう「いつかやってみたい・たぶんやる」と思った記事はOmniFocusに入れるようにしています。(そうすればあとあと、「いつかやる・たぶんやるリスト」に入れて整理ができる)

OmniFocusに入ってきたものは、読み流しではなく1つのタスクとして蓄積されます。
時が来て、「いつかやる時が来てもいいな」と思えるものをOmniFocusに連携しています。

人間だからいま興味があっても次にレビューしたときには興味なくなってるものも出てくるかもしれません。
そういうときは、タスクをこなさなきゃ!という固定観念にしばられず、消せばいいと思います。


  • やってみたい記事はOmnifocusにタスクとして入れちゃう
  • 興味なくなったら削除してもいい

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はOmniFocusの最初の一歩ともいえる「収集」についてまとめてみました。

収集したものはすべて、自分の分身です。
自分の顔は一生見ることができませんが、自分の中身はOmnifocusに入れることによって見ることができると思っています。

みなさんも収集するときには自分のすべてをさらけ出して(!)やってみてくださいね。

この本で覚えました

<