Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

SMRX*[OmniFocus]プロジェクト編 私のざっくばらんな使い方(修正版)

Omnifocus

Omnifocus

こんにちは。すみれ(@sumire20120524)です。

OmniFocusの構成をちょっと変えました。いままでより格段にわかりやすくなったのでご紹介したいと思います。プロジェクト編、コンテキスト編、パースペクティブ編あり。(の予定)

▽皆さまへのお知らせ
2015.01.07
間違えて記事を一度消してしまいました!さらに内容も古いバージョンしか残っておらず、読みにくい部分もありましたので一部記事を修正して厚みを出しました。内容的には変わりませんが、段落の移動、アプリ紹介の文章、関連記事などを追加しています。読んでくださった方々には大変失礼いたしました。

私がOmniFocusを使う目的

私がOmniFocusを使う目的は2つあります。

「頭の整理ができる」
「実行できる」

以前はOmniFocusを使っていること自体に満足している自分がいたような気がします。
でもそれだけでは計画倒れ。入力して気がすんで、現実の自分は何もしていないこともしばしば。

「これじゃダメだー!ツールに使われたくない!」という思いがあって構成を変えてみることにしたのです。
目的(頭の整理と実行すること)を見失わないようにしたら、細かいことは気にせずざっくばらんに使えるようになってきました。
綺麗に体裁を整えることが目的じゃないって意識したら使い方が変わってきたのです。

だけどこの方法が正しいという訳ではありません。
きっちり分単位で作業している方の方法も素晴らしい。みんな違ってみんないいの精神です。

ちなみに今まで参考にさせていただいたサイトもたくさんあります。
▽みうちゃんの記事は読みやすい!きっちり派にはこちらがおすすめ。笑

[M]Omnifocusって結局Mac・iPad・iPhoneどれを買えばいいの?私が思う良いところ・悪いところ | miMemo(ミメモ)

▽じーにーさんの記事。何度も読みました!!

これならマネできる!OmniFocus使い方を紹介します!【プロジェクト編】 | Happino

▽ごりゅごさん。ごりゅごさんの記事ってなぜか読みたくなっちゃう。

OmniFocusの「具体的」な使い方とか考え方を考える | ごりゅご.com

敷居が高いイメージのあるOmniFocusですが、こんな適当に使っても使えるよ~っていうところをみていただければと思います。

私の今までの使い方

以前まではGTD本に載っている「処理」の部分をそのままOmniFocusに落とし込んでプロジェクトをフォルダを作成していました。

フォルダに落とし込むってどういうことかというと、こういうこと。↓

▽本に載ってるこの部分を
GTDのワークフロー整理

▽Omnifocusのプロジェクトにしていました。
以前のOmnifocus

ブログプロジェクトが2個あるのはきもちわるくてちょっとイヤ。

なんか見にくいわけです。
ブログっていうフォルダが2つあって、ブログ全体を見渡したいときはどうするの?ってなっちゃうわけです。そうなると「同じ項目のプロジェクトはひとつのほうがいいな」と思うようになりました。

今の使い方

今までは処理のフローごとに分けていたフォルダを、プロジェクト単位でまとめました。以前のフォルダ管理よりもよりパッと見て意味が分かりやすく、すっきりしました。

▽以前と比べるとプロジェクトリストだけが残った感じ。
プロジェクトリスト

ピンクがフォルダ、その配下に各プロジェクトが入っています

フォルダがリストだったりプロジェクトだったりしますが、あんまり細かいことまでこだわりすぎない!めちゃくちゃにならない程度にざっくりやります。笑
これはリストにまとめたいなー。これは単体のプロジェクトでいいかなー。と自分の気持ちに合わせてカスタマイズすると違和感なく見返せる。
自分が違和感を感じないことがだいじ!

削除した項目

前回から今回のやり方に移行して、削除した項目は以下。

次にやるべき行動リスト

「次にやることくらい自分で決めるよ!」という反発心から削除しました。(耳をすませばのしずくが進路決めで怒られたときの言い方がぴったり)

だって結局ここに入っててもやらないんですよ。選んじゃうんですよ。にんげんだから。
それだったらプロジェクトを見渡して、「今の気分」の中から自分がやりたいことを選んだ方が楽しいんじゃないかなと思ったわけです。

いつかやる/たぶんやるリスト

いつかやる/たぶんやるリストは、ずーっとそのままになりがちだったので削除。
かといって私の中で「いつかやること」がなくなったわけではないので、全部プロジェクトにしていまも存在しています。
つまりは「いつかやる/たぶんやる」って名前を消しただけ。見た目と気分の問題です。

カレンダー

日付が決まったものについてはOmniFocusで「期限」や「繰り返し」を設定できるので、わざわざカレンダーフォルダに入れる意味がない!
そもそもなんでこんなにめんどくさいことをしていたのかな?OmniFocusに使われてる感が出ていますね。もっと単純に使うのだ!

備忘録ファイル

プロジェクト資料は気になったらその都度Pocketに集めたりEvernoteにいれるのがスムーズだってことに気が付いたので、OmniFocusで管理する必要はありませんでした。気になった資料などはEvernoteに入れる。メモを取るなどよりアナログに近い管理の方が自分にはなじみます。ということでこれも削除。

これでだいぶすっきり!

守っていること2つ

1.すべて動詞で終わらせる

これは前々から私が一番大事だと思っていること!
プロジェクト内に作成するアクション(=行動)は最後をすべて動詞にしています。

動詞にすることで実際に行動に移せる単位まで落とし込むことができるからです。単語で終わらせるよりもはるかに効果的。「次は○○をするんだな」と確認ができるので単純な私にはこの書き方があっているようです。

プロジェクト単位でどんどん作っちゃう

むずかしく考えがちですが、プロジェクトとは日本語で「計画」です。
夕食の計画、旅行の計画、明るい家族計画…など日々の中にプロジェクトは意外とたくさん転がっているものです。それを無理にひとくくりにすることはできませんから、私はどんどんプロジェクトを作っちゃいます。

こんなにある!これしかない。感じ方は人それぞれかもしれません。

まとめ

まずはプロジェクト編についてまとめてみました。

ざっくりとした性格がそのまま顕著にあらわれてしまいましたがほんとにこれで使っています。
自分好みにカスタマイズしていくことでどんどん使いやすくなる。
iPhoneやiPad然り。寝るときの枕のかたち然り。

ということで次回はOmniFocus「コンテキスト編」の予定です!

書籍紹介

OmniFocusアプリまとめ

OmniFocus for iPhone

▽慣れてきたら欲しいアプリ。閲覧、出先でのチェックするときにおすすめ。でも本来はやはり画面が大きい方が使いやすいというのが本音。入れておいて損はないけど最初に買うアプリではないという印象。

OmniFocus 2 for iPhone 2.4.2(¥2,000)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

OmniFocus 2 for iPad

▽初心者にオススメ。登録もしやすく閲覧もしやすい。
横表示にして使うととても見やすい。もしかしたらMacよりも見やすい。

OmniFocus 2 for iPad
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

OmniFocus 2

▽iPad版かMac版を最初に入れておくのがおすすめ。PC表示が多い人は迷わずMac版。
フォルダ作成ができるほか、まとめて移動など使い勝手は一番いい。

OmniFocus 2
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

アプリをダウンロードする

そのほかのアプリ

速Reminder

▽速攻でOmniFocusに登録できるアプリ。頭から消えないうちに登録したい!でもiPhoneのOmniFocusだとなんかもたつく!という人にいちおし。
以前記事も書きました。本当におすすめ。

速Reminder 1.5.1(¥100)
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

Pocket

▽なんだかんだいちばんすき。軽い・早い・見やすい3拍子揃ってる日常系アプリ。

Pocket 5.6.2(無料)
カテゴリ: ニュース, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

Evernote

▽王道。

Evernote 7.6.3(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

アプリをダウンロードする

Posted from するぷろ for iOS.

<