Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

『すぐに実行できるのに誰も教えてくれなかった「考える力をつくるノート」』がおもしろかった! はてなブックマーク - 『すぐに実行できるのに誰も教えてくれなかった「考える力をつくるノート」』がおもしろかった!

日刊すみれぽ

こんにちは。近くもりが多いですね。すみれ(@sumire20120524)です。

さて、今日は「考える力をつくるノート」のご紹介です。

脳科学者、ビジネスコンサルタント、経営者、精神科医、新規事業プロデューサーなどさまざまなジャンルの人たちが「生きる力の基礎知識」を語っています。

おもしろかったのは、「地頭力を鍛える」とか「努力する方向を間違えない」とか「こだわらないと結果が出る」とかです。

気になったこの3つをピックアップしてご紹介したいと思います。

lecture 2-1「こだわらない」と結果が出る/クリエイティブ・ディレクター 箭内道彦

いちばんおもしろかったのは、矢沢永吉さんのくだり。

矢沢永吉さんは打ち合わせの際、「箭内さん、矢沢の船に乗ってくださいますか」といったそうです。

矢沢永吉さんのくだりは、とにかくかっこよかったっていうだけで終わっていましたが…。笑

そのあとにいくつかのCMの話とかがあって、

「なりたい職業よりやりたいことを大事にしよう」とか、

「やりたいことを実現するための仕事って何種類もあると思うんです」

という文章を読んでちょっと勇気出たというか。

そうだそうだ、私はまた福利厚生に惑わされていた。とか思ったり。だいじだけど。

lecture3-1 地頭力を鍛える/ビジネスコンサルタント 細谷功

フェルミ推定を知っていますか。私はこの本を読んで初めて知ったんですが、「一見産出が困難な数量を、手元にある知識だけで短時間で産出する手法。」のことを言います。

例えばこんな問題。

Q.日本全国に「電柱」は何本あるか?」

Q.日本全国に「美容室」は何件あるか?」

こういう問題を3分でできるまで解くことが「地頭力」を育てることになるそうです。

最初はさっぱりなんですが、わかる部分から紐解いていくとなんとなく近似値が出せますよ〜ということが書いてあります。

けっこうおもしろいです。

私はとりあえず家の前に何本くらい電柱があるか?を考えてみましたが、答えは数が多すぎて全然ダメでした!笑

答えが知りたい方は、本を読んでみてくださいね〜。

lecture5-3 努力する方向を間違えない/新規事業プロデューサー 小山修輔

偶然ですが、HACK!シリーズでも有名な小山龍介さんの章もありました。

このシリーズよく読んだなぁ〜。

おもしろかったのは、小さな工夫から未来の成功に繋げたり、「何か気持ち悪い」という感覚を大切にして、「暗黙知」を引き出そう!というもの。

暗黙知とは、認識しているのに言葉にできない感覚のこと。

暗黙知を引き出すためには、

「順番」をダイナミックに変える!

「環境」をダイナミックに変える!

「身体」をダイナミックに変える!

「感情」をダイナミックに変える!

などがあるそうです。ダイナミックに!って言われるとすぐにできなそう〜って思ってしまいますが、大笑いしたり大泣きしたり、おもいっきり伸びをしてみたり。

そういうこともダイナミックにやればとっても気持ちが良いものです。

これはすぐに試してみようと思いました。

まとめ

雑学のようにも読めて、実用本としても読める。いろんな用途で使えるタイプの本だと思いました。

ちょっと頭を使って読みたいときなんかに良いと思います。

おすすめです☆

<