Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

Macでアイキャッチ画像をリサイズするなら「Skitch」と「iMage Tools」が相性良いかも

MacBook Air ブログ

こんばんは!すみれ(@sumire20120524)です。

いつも、iPhoneでモブログするか、MacBook Airでブログを書いています。

iPhoneの時はSLPRO Xというアプリを使ってモブログしています。iPhoneでのアイキャッチ編集の仕方はまた別の機会に取り上げますが、今日はMacでのアイキャッチ編集方法をまとめたいと思います。

困っていたこと

以前まで(というか今日まで)、私はMacでアイキャッチを正方形にリサイズする方法を知りませんでした。

だから最後の仕上げはいつもiPhoneのモブログアプリSLPRO X

写真もiPhoneで撮ったものを使うことが90%くらいを占めていたので、iPhoneで最終的に記事をアップするほうが楽でした。

リサイズについていろいろ調べるのが面倒だったのと、そんなにMacを使っていなかったのもあるかな。

でも最近はMacを使う機会が増えて、「いちいち最後だけiPhoneで更新するって変じゃない!?」と思ったので調べてみたのです。

プラグインは使わない

画像の一枚目をアイキャッチとして使うというプラグインもあるようなのですが、私の場合アイキャッチは正方形にしたいのでプラグインは使いませんでした。

CSSを使えば簡単にサイズを変えることもできるのですが、意図しないところがカットされたり、縮小拡大されたりするのが嫌なので、いつも(ある程度)手動でアイキャッチを作っています。

使用するアプリ

まずはこちら。ショートカットキーShift+commnd+5で、十字スナップショットが簡単にできて便利。
保存先はEvernote内のSkitchノートになります。

Skitch – 撮る。描き込む。共有する
カテゴリ: 仕事効率化, グラフィック&デザイン

アプリをダウンロードする

こっちでリサイズします。

iMage Tools
カテゴリ: 写真, 仕事効率化

アプリをダウンロードする

まずはSkichを使う

まずはSkitchを使って、自分が撮りたいスナップショットを取りましょう。

iPhoneから撮ったのでちょっと汚いですが、先ほどのショートカットを使うとこんな感じになります。
ちなみに、解除したい時はキーボード左上のescキーで解除します。

Skitch で作成された画像ノート

なぜ普通のスクリーンショットではなくSkitchを使うのかというと、矢印をつけたり編集してからリサイズするのがスムーズに行えるからです。

これはやっている間に気がついたんですけど、Macデフォルトのスクリーンショットだと、一度フォルダに入ってさらにそれをSkitchに送って、編集して…ってなる手間が発生します。

iMage Tooleを使うと簡単

Skitchで撮った画像を、iMage Toolsにドラック&ドロップします。

スクリーンショット 2015 10 06 18 17 36

この記事をシェアする

<