Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

[šR:]ダメージではない涙 はてなブックマーク - [šR:]ダメージではない涙

日刊すみれぽ

お正月は必ず一度泣く。

それは家族のことだったり、誰かのことだったり、それに対する自分のことだったりする。

また新たに進んでいく毎日を受け入れるために一度泣くといいかも?と何年か前から思うところはあった。

どうして離れなきゃいけないのか

どうして帰らなきゃいけないのか

どうしていかなきゃいけないのか

どうして一人なのか

どうして一人になれないのか

などなど、頭の中は混乱している。

いままで我慢していた分の涙ってある。

これくらいじゃ泣けないとか、いま泣いたら相手が心配する、とか、ここで泣いたら場がしらける、とか。

もしかすると他にも、年末は忙しいので去年からの涙も含まれているかもしれない。

今回は実家を出て初めてのお正月だったから、それを口実に泣いた。

泣く直前まで、自分の中では泣きそうな自分をわかっている。でも、誰かに見せるのは嫌だから、可能なら一人になった時に実行する。

今日は、もうすぐ涙が出ちゃいそうだな〜って思っていた、良い頃合いに一人になった。

なんかもう、準備して泣いた感すらある。

泣ける歌を聞いて、涙がこぼれないようにひたすら目をゴシゴシするタイプの泣き方や(でもどんどん出てくる)、ポロンポロンと流れるまま流す泣き方など、感情に任せて泣いた。

ひっくひっくとなっても、誰も見ていないから関係ない!!と思うとすがすがしい。

そうして気がすむまで泣くと、お腹が減った。

朝作ってあったおみそしるをあたためて、おなかからあったかくなったらスッキリした。

たまには泣いたほうがいい。

涙で洗い流して、また誰かを受け止められるように自分の中に余裕を作り出すことができるかもしれないし。

楽しい日もあれば悲しい日もある日常は、平凡なように見えていろいろ忙しい。

気が付いてしまったら日々はとても素晴らしいかわりに切ないものでもあるから、自分のためにも泣けるときは泣こうと思っている。

準備はできた。

さて、帰ろー!

Posted from SLPRO X for iPhone.

<