Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

私がいつも知りたかったのは暗黙知だった はてなブックマーク - 私がいつも知りたかったのは暗黙知だった

プログラミング 日刊すみれぽ

女子プログラマーの私がプログラムを書くときに気がついたこと | Sumirexxx

(前回の続き)

わたしがたまたまそんなことを考えていたとき、一通のメールが飛び込んできた。

仕事のメールだったんだけど、その中の一文に「ナレッジ共有」という言葉があった。

なんとなく気になって調べてみたら、わたしがいま考えていることが文章になっていた。

ナレッジマネジメントと暗黙知

要するにわたしが知りたかったのは、暗黙知だということを知った。

暗黙知ってなに?

暗黙知っていうのは普段は言語化されない、経験やノウハウのこと。

ブログはたぶん、暗黙知って言われてるところを事細かに解説してくれるから(出来るから)おもしろい。私は暗黙知こそ知りたい。

おばあちゃんの知恵袋(現代ではyahoo知恵袋?)とかiPhoneの使い方とか、時短家事とか、セルフネイルとか…。自分の心をくすぐってきたのは、そういう学校や親が教えてくれない、個人の知恵とか得意なことだったんだ。

さらに調べた。

暗黙知について調べていくと、おもしろいことがわかった。暗黙知を持っている(という日本語が正しいのかはわからないけど)とにかく自分の中で効率の良いやり方を持っていて、周りもあの人は出来るな、って思ってる場合。

そういう人は、その暗黙知を周知することに抵抗感があるそうだ。これはわかる。ネットでは自分が知ってることをどんどん書きたいと思っているけれど、実生活ではそう思っていない自分がいる。これは、わたしが読んだ記事の中では、自分の優位性を保ちたいからなんだそうだ。

あと、本人が気づいていない場合もあるらしい。周りから見るとめっちゃ魅力的なのに、本人は何もしてない!っていうような感じかな?

(詳しく知りたい人は、貼り付けたリンクを読むとおもしろいかも。マネジメントとして読まなくても充分おもしろく読める内容です。)

まとめ

ふーんなるほど。自分が知ってることの中で教えたいことと教えたくないことがある。これはなきにしもあらず。

Posted from SLPRO X for iPhone.

<