Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

効率化を求める毎日の中に「腰を据えて」を入れてみる。 はてなブックマーク - 効率化を求める毎日の中に「腰を据えて」を入れてみる。

日刊すみれぽ

先日、職場の癒やし系先輩(男性)とこんな会話をしていた時のこと。

先輩:「(仕事)どんな感じですか〜?」

私:「今回のはこうでこうで…」

先輩「あ〜。それは腰を据えてやらないとですね。」

私:「(はっ!)あ、そうですね…!」

何気ない一言でしたが、胸に突き刺さりました。

効率化で焦る気持ち。

みなさんは最近、なにか「腰を据えて」ものごとに当たった記憶はありますか?

私はこの言葉を聞くまで、効率の良さを最優先にして生活していたことに気がつきました。

これらは時間がない時、とても魅力的な言葉でした。

同時に、私にはそれだけ時間がないんだ!と、焦る原因にもなっていました。

この言葉は深く私の心に残って、自分がめんどくさいなって思っていること程「これは腰を据えてやるやつでは?」と考えてから着手するようになりました。

「腰を据えてやる」という言葉が自分の中に取り込まれてからは、気合を入れて集中的に取り組むことで、スッと焦りがなくなったのです。

意味を調べた

「腰を据える」の意味を調べると、1つのことに全力を集中させるとありました。

あちこちに注意をそらさず集中すると、割と早い段階で問題の根本と解決方法が見えます。そうすると次にどうしたらいいかがわかるので、結果的にサクサク進むようになり、きちんとやれた!っていう安心感とか充実感もでてきます。

まとめ

効率化は楽しいし、自分が「うまくやっている」という気持ちになれたり、実際他のことに使える時間が増えるかもしれません。

でも、それが「早くしなきゃ」とか「もっとうまくやらなきゃ!」となってきたときは、一度腰を据えてやってみるのはいかがでしょうか。

きっと、いつもとは違った発見があると思います。

Posted from SLPRO X for iPhone.

<