Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

WordPressプラグインなしでブログの関連記事を表示するようにしました!

ブログ

こんにちは。すみれ(@sumire20120524)です。

ブログを読み終わって、必ずと言っていいほど表示されているのが「関連記事」。
興味を持った内容に関する他の記事を探さなくても、そこから新しい記事を読めるので便利ですよね。

プラグインなしで関連記事を表示する手順

プラグインなしで関連記事を表示するには、自分でコードを書かなければいけません。すっごい難しそう…。と思っていましたが、やってみるとそんなにむずかしくありませんでした。

  1. タグorカテゴリー,どちらから関連記事を作るか決める
  2. phpファイルを作ってコードを書く
  3. CSSで見た目の修正をする

大きく分ければこの3つが手順となります。
私が参考にさせていただいたのは以下のサイトです。
本当にこんなに簡単にできるのかな?と最初は半信半疑でしたがほんとにすぐできちゃいました。

このブログにも以前から関連記事をつけていました。プラグインを使って表示する方法です。
これまで使ったプラグインは2つ。

どちらも使いやすかったですが、一方でデメリットもありました。

プラグインを使うメリット・デメリット

メリット

プラグインのメリットは何といってもインストールすればすぐに使えるという手軽さ。ある程度までのカスタマイズもできますし、初心者からしたら手っ取り早く使えるので嬉しい機能ですよね。

デメリット

一方でデメリットもあります。それは「いつか動かなくなるんじゃないか」という不安。

私が最初に使っていたYet Another Related Posts Plugin(YARPP)も、あるときからエラーが頻発するようになり、最初はメンテナンスしようと頑張っていましたが、せっかくプラグイン入れてるのになんで自分が修正しないといけない?と思って変更しました。

そのときに変更したのがWordPress Related Postsです。
こちらも長らく使っていましたが、いまいち表示のレイアウトがしっくりこなくて、気に入っていませんでした。
カスタマイズができるとはいうものの、いろいろといじれるようになってくると物足りなくなるのも事実です。

動作が重くなってくる

極め付けはこれ。とても手軽で簡単に使える一方で、プラグインが増えるとどうしても動作が重くなってきます。

できるだけ読者の方をお待たせすることないようにしたくて、今回プラグインなしにする方法に踏み切りました。

まとめ

まとまった時間ができたので、これからちょっとずつメンテナンスしていきたいと思います!
まだ気になってることがいっぱいあるんだよなぁ・・・。

<