Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

【WordPress】5.ファイル転送完了後、内容をローカル環境に置換する「Search Replace DB」

ブログ

この記事は、【まとめ】Web環境にあるブログを丸ごとローカル環境に移行する方法の第5回目です。

第1回目はこちら

Webサーバーに入っているデータベース情報をダウンロードする。

第2回目はこちら

Web環境からダウンロードした.sqlファイルを、ローカル環境(MAMP)のデータベースにインポートする。

第3回目はこちら

WordPressサイトのデータ(ディレクトリとファイル)をサーバーからダウンロードする。

第4回目はこちら

ダウンロードしたローカル側のwp-admin.phpを書き換える。

ファイル転送完了後、内容をローカル環境に置換する「Search Replace DB」

先ほどサーバー側から受け取った情報は、ローカル環境に書き換えてあげないとうまく読み込めません。

Database Search and Replace Script in PHP」にアクセスし、ローカルに保存したファイルの内容を置換してあげます。

このサイトからzipファイルをインストールしますが、どうやら2017年11月現在では、一度メールを送らないとダメみたいなので、ご自分のメールに送られるようにしてください。

メールが届いたら、「Yes,subscribe me to this list.」をクリックしてブラウザに自動的に飛びます。

メール

「私はロボットではありません」にチェックをして、「subscribe me to this list」をクリック。

私はロボットではありません

Zipファイルがダウンロードできるはずですので、ファイルを解凍します。

解答したファイル「searchreplacedb2.php」をローカルに作ったフォルダ直下に置きます。

searchreplacedb2

「localhost/データベース名/searchreplacedb2.php」をブラウザで開いて、サーバーのアドレスをローカルアドレスに変換します。

submit

書かれている情報がローカルの内容になっていることを確認します。

ここがまだWeb環境のままだったら、先にwp-config.phpを編集しましょう。→ダウンロードしたローカル側のwp-admin.phpを書き換える。

ローカルのデータベース情報

すべてのテーブルをローカルの内容で書き換えます。

そのままcontinueをクリック。

テーブル内容

この表示が出てもOKです。

localhost

ここに注意!

ここだけは最新の注意。サーバー側のアドレスとローカル側のアドレスは絶対に間違えないように確認する!

置換内容

置換が済んだら、ブラウザを閉じて完了。

以上で終了です。

まとめ

  1. Webサーバーに入っているデータベース情報をダウンロードする。
  2. Web環境からダウンロードした.sqlファイルを、ローカル環境(MAMP)のデータベースにインポートする。
  3. WordPressサイトのデータ(ディレクトリとファイル)をサーバーからダウンロードする。
  4. ダウンロードしたローカル側のwp-admin.phpを書き換える。
  5. ファイル転送完了後、内容をローカル環境に置換する「Search Replace DB」

<