Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

これも断捨離?ヘアスタイルを変えました

断捨離

こんにちは。すみれ(@sumire20120524)です。

先日、美容院に行ってきました。

これも断捨離の効果でしょうか?部屋を掃除したら髪も切りたくなりました。

Twitterアイコンはロング時代の画像を使っているんですが、あれからけっこう変わりました。

前髪かきあげロング→前髪なしミディ→前髪ありセミロング→ショートボブと変化していって、今回はウルフショートカットになりました。

前髪かきあげロング時代

前髪なしミディ時代

前髪ありセミロング時代

ショートボブ時代

ウルフショートカット時代

※画像はイメージですよ〜。モデルさんが可愛いとついつい自分もその髪型にしたくなる怖さ…!

じわじわ気になってたので、念願の!という感じ。ショートカットにするには段階を踏まないと勇気が出ず、4ヶ月ほどショートボブを楽しんだ後のウルフショートカットとなりました。

イメージの伝え方

美容師さんに髪型を伝えるときは、いつもネットでイメージ画像を保存していって、それを見てもらってます。

全体のイメージを理解してもらった後に、細かいニュアンス(前髪はこのくらい、サイドは残したいなど)相談しながら決めていく感じです。

相性の良し悪しもあるので、初めて行く美容院ではイメージ画像を持ってくのは絶対。その場であれこれ探しても場当たり的になってしまうので、いつもよりしっかり自分の意思を伝えないと大変なことになってしまいます。

そんな経験、誰でも一度はあるんじゃないでしょうか?

伝え方の失敗例

以前の失敗でいうと、

などなど。言葉で伝えるのって本当に難しいです。

相性の失敗例

美容師さんとの相性も大事で、これだけは苦手と言うこともあります。

などなど…。うるさい客ですかね。すみません。

でも相性ばっかりはホットペッパービューティーでスタッフ紹介を見てもわからないから、一種の賭けですよね。

相性のいい美容師さんと出会ったら

こんな感じでなかなか相性のいい人と出会えないからこそ、上記のことをクリアしてくれる美容師さんと会えると、とても嬉しい。「あなたのような人をずっと探していたんですよ!!!よくぞ今まで辞めずに続けてきてくれましたね!!」と、まるで運命の人のように感じてしまうのです。

私が今までそう思えた美容師さんは、3人です。

星の数ほどの美容院があっても、この人にお願いして良かったと思えたのは、たった3人。

自分がなりたいイメージを実現してくれる人と出会ったら、カット中はあまりしゃべらなくても、最後に言葉で伝えます。

「ありがとうございました」は毎回言いますが、それ以外にも+αで「すごく気に入りました」とか「イメージ通りです」とか「前髪がすごい好きです」とか、なんか照れちゃうけどちゃんと具体的に、目を見て伝えるようにしています。

そうやって伝えることで、自分のこと覚えて欲しいのと、また次も同じ熱量で切って欲しいなぁと思っています。

簡単には出会えないからこそ、出会えたときは大切にしたいと思うのです。

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事をシェアする

<