Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

iPhoneで聞いている曲をMacから聞くには「QuickTime Player」が使える

iPhone MacBook Air

スクリーンショット 2017 12 06 12 52 45

iPhone 7 Plusのイヤホンをなくしてしまい、ちょっと(いやだいぶ)ストレスを感じているすみれ(@sumire20120524)です。

一度イヤホンをなくしてポケットから出てきたことがあるので、あきらめきれずにいます。今回は何度見てもないんですけどね…。

本来ならiPhoneで曲を聞ければいいのですが、それが無理な時はiPhoneとMacをつなぎ、Macから音楽を聞く方法があるということを発見しました。

QuickTime Player

Macにデフォルトで入っている「QuickTime Player」を使います。

まず、iPhoneとMacをケーブルでつなぎます。Bluetoothじゃダメなのかな?と思って試してみましたがダメでした。物理的につながないとダメなようです。

さらに、イヤホンをMacに差し込みます。

IMG 946iPhoneとMacをケーブル接続6

次に、なんでも検索できる「Alfred」をalt+スペースで呼び出し、「Quick Time Player」を開きます。

QuickTime Player

新規オーディオ収録

「QuickTime Player」を開いたら、メニューバーにある「ファイル」を選択し、「新規オーディオ収録」を開きます。

ファイルQuickTime Player ファイル.png

新規オーディオ収録

録音マークの隣にある下向き矢印から、接続したiPhoneを選択。

QuickTime Player ファイル.png

iPhone側でiTunesでも音楽ストリーミングアプリでも大丈夫なので、好きな曲を再生します。最初は「Quick Time Player」が消音設定になっているので、自分の好きな大きさまでボリュームをあげればOKです。

iTunes

まとめ

外で音楽が聴けなくてとても困っていたので、この方法があってとても助かりました!やっぱり自分の好きな曲を聞いてブログ書くのって最高に楽しいです!

この記事をシェアする

<