Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

WebブラウザのWordPressからブログを更新してみる

WordPress ブログ

今日はWebブラウザのWordpressからブログを更新しているすみれ(@sumire20120524)です。
今までブログの更新はiPhoneかMacのMarsEditを使っていたので、WebブラウザのWordpressから更新するのは、実は初めて。

使い勝手が悪いと思い込んでいたけど、思いの外快適です。下書きの自動保存もスムーズだし何より安心。プレビューもすぐにできるし、カテゴリーやタグ、カスタムフィールドの設定をひとつの画面でできるのもいい。使っていないけど、アイキャッチ画像の設定も以前にしておいたので使えそうです。

WebブラウザのWordpressから更新する理由

なぜアプリがあるのにWordpressからの更新を試しているかというと、iPad Proを購入した時のブログ更新を考えてのこと。もうすっかり買う気満々なので、こうしてブラウザからの更新の練習をしているわけです。

iPad Proを購入したら、ぜひブログ更新もiPad Proでしてみたいのですが、ひとつ悩んでいるのがアプリをどうするかということでした。

MacBook Airで使っているMarsEditは、iPadでは使えないので除外されます。何かいいアプリはないものかと探していたところ、こちらのブログで紹介されている「Ulysses」というアプリがありました。

月額料金制って?

Ulyssesは、Mac、iOS(iPhoneとiPad)共通で使えるテキストエディタ。Wordpressとも連携しているということでかなり使い勝手が良いみたいなのです。本来ならこのアプリを購入したいところなのですが、月額制で使うというのがちょっと引っかかる。月額プラン=サブスクリプションプランといいます。

月額制ということは、継続的なアップデートが約束されているということなので、これを良い方針だと捉えるユーザーも多いみたいです。
でも私は、またいつ更新が滞るかわからないので(笑)月額制を使うのはちょっと不安が残ります。

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

アプリをダウンロードする

純正のWordpressで更新できれば問題なし

WebブラウザのWordpressから投稿できればなんの心配もないな、ということで、iPad Proを購入したとしても「Ulysses」の購入は一時保留にすると思います。

画像の挿入も試してみましたが、まぁちょっとめんどくさいかな…というくらいで、そういうモノだと思えば大丈夫かな。

カスタムフィールドやSEOの設定は、無駄な余白が多くちょっと使いづらい印象。iPad Proのサイズにもよりますが、今使っているMacBook Air13インチよりは画面が小さくなると思うので、いちいちスクロールしないといけないのが、後々めんどくささに繋がるかもしれません。(縦で使えばそんなこともないのかな?)

今のところTextExpanderも使えるので、タグの挿入もラクです。エディタを使いやすくするプラグインもいろいろ用意されているようなので、検討したいと思います。

文章に集中できる

エディタの右上に画面を広げるボタンがあるので、文章の入力に集中したい時はこんな見た目にもできるみたい。エディタ全体を広げることは不可。

下書きの保存は自動なので、特に意識することないのが良いです。最後に記事自体の保存をする時には、右上のボタンから。

予約投稿の場合は、「すぐに公開する」の「編集」を開いて未来時間を設定すればOK。

まとめ

全体的な印象としては「そこまで使えなくはない」でした。今まで使っていなかったのでまだ画像の挿入とかでやりづらい?感は否めないですが、思っていたよりは大丈夫そうです。

エディタ部分は無理に使わなくても、今まで通りWorkflowyで下書きしてそれをハサミスクリプトで貼り付けるという手もあるし、わざわざアプリを購入しなくてもブログ更新はできそうです。
けどやっぱりSEOとか入れるのがめんどくさくなりそうという印象は拭えない。

この記事をシェアする

<