iPad Pro

バックライトと打鍵感がお気に入り。iPad Pro12.9インチ専用キーボード『ロジクール SLIM COMBO iK1272BKA』を購入しました。

ロジクール SLIM COMBO

iPad Pro 12.9インチを購入してやってみたかったことのひとつに、ブログ更新がありました。今日は初めて『 ロジクール SLIM COMBO 』キーボードを使ってこの記事を更新しています。

ロジクール

家電量販店で触ってすぐに気に入った『 ロジクール SLIM COMBO 』Apple社から発売されている純正のSmart Keyboard ではなく、他社であるロジクールのキーボードを購入した一番の理由は「打鍵感」でした。

打ちやすいのが一番

キーピッチ

MacBookのような薄いキーボードになじみがない私は、純正のSmart Keyboardを試した時も同じようになんとなく押しづらい感じがありました。

その点ロジクールは浅すぎないキータッチで押しやすかったですし、小さめの私の手にも合うキーピッチも指先にしっくりきました。

ショートカットキーが使えるのも嬉しい。

実際に使ってみると、ほかにも良い点がたくさんありました。

バックライト

バックライト

他にも気に入っているのは、バックライトがつくところ。絶対必要ってわけじゃないけど、キーボードから漏れてくる光が好きです。

純正のSmart Keyboardはファブリック製のため、バックライトはありません。

Apple Pencilホルダー

Apple Pencilホルダー

それからApple Pencilの収納場所があること。画面の上部にApple Pencilが収納できるホルダーが付いています。キーボードを使うときはApple Pencilはお休みということが多いので、そんなときはこのホルダーにしまいます。

使いたい時にはキーボードと画面を分離させて、すぐに使えるが便利。

一瞬でペアリング

iPad miniでロジクールのキーボードを使っていたときは、ペアリングに時間がかかってモヤモヤしていた記憶があるのですが、今回はキーボードにiPad Proをカチッと差し込めばペアリング終了。特別自分で何か設定をする必要はありませんでした。

何も設定せずに使い始めることができて、しかも充電の必要もなし。(iPad Proから自動的に充電してくれるらしい)時代は変化し続けているのですね!

まとめ

おそらく純正のキーボードを使っている方が多いと思いますが、私はロジクールのキーボードにして正解でした!

持ち運びする人にとっては重く感じるかもしれませんが、私は室内で使うのがメインだと想定していたので、重さは気になりません。

取り外してもApple Pencilホルダーがあるから収納場所に困らず、わざわざホルダーを追加で購入しなくていいのも地味に嬉しいです。

ロジクール SLIM COMBO 』使いやすくて、とても気に入っています。

Posted from するぷろ for iOS.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。