読書

本を一日一節だけ、寝る前に読む。

寝る前に一節だけ本を読むことにしています。

一節が長めだったり、推理したりする小説ではなくて、エッセイなどの短編がベスト。

さらに一日の終わりには静けさのある本が良い。ということで今読んでいるのは松浦弥太郎著の「自分で考えて生きよう」です。

私たちが普段している暮らしの中にある「工夫とコツ」を知ることもできるし、「明日は丁寧にやってみよう」と思って眠れるところがいいです。

一度にバーっと読むよりも、じっくり、ゆっくり読むのが似合う本。

だから私的には夜、全部の家事が終わった(あるいは残りは明日やろう、と決めた)あとに読むのがぴったりなんです。

松浦弥太郎さんの本は、以前に「あたらしいあたりまえ。」という本を読んだことがあります。

この本も以前の本と似たようなジャンルではありますが、今回の方がさらに読みやすくなったような印象。

自分の生活のヒントにもなるから、実用的でもある一冊です。

気になった方は読んでみてください。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。